飲食店を経営しているならPOSは外せないアイテム

オフィス

情報提供は信頼の証

企業が顧客情報を入手する方法には2種類がある。インバウンドは顧客から企業に向かう情報提供のことで、企業への信頼がないと起こらない。これで得られる情報は貴重なものが多い。いかにインバウンドを増やすかが、顧客戦略上非常に重要だ。

相談

海外現地法人の設立

インドネシアで会社設立を行う際にコンサルティングに依頼する人が増えています。そのコンサルティング業者の人気の理由は翻訳通訳を確実に実施し、現地での雇用をスムーズに行えるからです。インドネシアという国に信頼される事業にするために、現地で翻訳業者を探すよりも最初から日本の業者を利用しましょう。

飲食業に適した管理方式

店員

発注・会計を正確・迅速に

POSといえばコンビニ・スーパー・ドラッグストアなどの小売店で売上を効率的に管理するシステムとしておなじみですが、最近では飲食店における導入メリットも注目されています。従来、レストランなどにおいては、客がテーブルで料理を注文すると、接客担当がそれを口頭または手書きの伝票などで厨房に伝えていました。伝票は食事が終わった後の料金精算時にも使用され、注文情報をレジに1件ずつ入力して支払額を計算していました。POSを導入すると、こうした一連の作業を大幅に省力化することが可能になります。フロア・バックヤード・レジをネットワークで結ぶことによって、接客担当が注文情報を電子入力すれば、それが自動的に厨房に伝えられると同時に、レジスターにも蓄積されます。スタッフが店内を移動しなくても情報が正確に伝わるだけでなく、精算業務も迅速に行うことができるようになります。POSの活用が役に立つのは、こうしたレストランタイプの飲食店だけではありません。店主が1人でやっているラーメン店など、小規模な飲食店にも導入メリットがあります。それは、売上動向を詳細に把握できるようになることです。飲食店にとって、メニューごとの売れ行きの良し悪しや季節による売上の変動などを把握することは、経営上非常に重要です。POSを導入すれば、蓄積された情報に統計処理を施すことで、さまざまな角度からの分析が可能になります。売上のランキングをはじめとして、雨の日や休日に注文が多い料理、同時に注文されることが多い料理など、今後の店舗経営の参考になるデータが得られます。

会社

事業の拠点として

香港に会社を設立することは、中国に事業進出をしていくための拠点を築くという意味を持っています。香港に会社を設立するために必要な投資ビザは、はじめは2年で更新し、2回目からは3年間、3年間と更新していきます。居住から7年を経過するとパーマネントビザが取得できます。